プロミスが採用する残高スライド元利定額返済方式の仕組みについて

カードローンの返済では、元利均等返済方式と元金均等返済方式のうちどちらかを選ぶことが一般的です。しかし、プロミスの返済方法は、そのどちらとも異なる残高スライド元利定額返済方式となっています。

 

これはつまり、元金均等返済方式と元金均等返済方式の2つを組み合わせた方法といってもよいでしょう。借入残高の金額に対して、30万5円以下なら3.61%、そこから100万円以下までなら2.53%、そして100万円より多ければ1.99%をかけて、1,000円未満は切り上げた額を毎月返済していくことになります。

 

返済に時間がかかってしまうのがかえって悪い結果になることも

 

残高スライド元利定額返済方式の良い点は、なんといっても毎月の返済コストを大きく減らせるという点です。そのため、返済していくのにそれほど困ることはありません。ただし、毎月の返済でも元本があまり減っていかないため、どうしても返済期間が長引いてしまうという欠点もあります。もちろん、メリットを考えれば十分にデメリットを補ってあまりあるので、自分にとってはいったいどちらの返済方法がより有利になるのか、しっかりと検討したうえで選ぶようにしましょう。

 

繰上返済をうまく使うことで早い返済を実現できる

 

残高スライド元利定額方式には、返済期間が長引いてしまうというデメリットがあることは分かっていただけたと思います。なぜそうなるのかというと、結局は毎月の返済がほとんど利息分になってしまうからということにつきます。そこで、合わせて使用していきたいのが、繰上返済です。繰上返済によって毎月の設定額より多くの金額を返済をすれば、その分だけ元本を減らすことができます。結果的には返済自体を早く終え、支払総額も少なく済ませることができることになるので、この仕組をうまくうまく活用して、早めの返済を目指しましょう。

 

返済日に支払いが間に合わないからといって放っておかない

 

もし返済日に支払いが間に合わないようであれば、あらかじめプロミスへその旨を報告しておくようにしましょう。連絡がないまま済を遅らせてしまうと、そのデータが個人信用情報機関に記録されてしまうことになります。そのような事故情報は、今後の借入やほかのさまざまなローンにもマイナスポイントとして働くようになるので、絶対に避けるようにしてください。カードローンというのは、個人が気軽に利用できるとても便利なサービスです。ただ、その使いやすさから逆に使いすぎにもつながってしまうため、あくまでも借金という自覚だけはかならず持ち続けるようにしてください。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス