グレーゾーンは現状ではもう存在しない

かつて大きな社会問題になったグレーゾーン金利ですが、現在はもう廃止されていて存在しません。そもそも金利は貸金業法で利率が決まっています。例えば利息制限法では、10万円未満であれば年利20%、10万円以上100万円未満なら18%という風に、貸付の額に応じて15%から20%の間が上限となっています。当時問題だったのは利息制限法ではなく、出資法でした。

 

平成22年6月に廃止されたので今では改正されましたが、かつての出資法だと上限金利が29.2%までは罰則がなかったので、利息制限法で考えれば実質無効なはずの20%から29.2%までの利幅が存在してしまい、良くはないが悪くもないグレーゾーン金利が生まれてしまったのです。今では貸金業法の改正が行われたので、出資法の上限金利も20%と、利息制限法と同じになっていますので、グレーゾーンは存在しません。もし過去にグレーゾーン金利のせいで利息を払い過ぎてしまった事があるのなら、弁護士等に相談して過払い金の返還請求をする事をおすすめします。実際にそうかどうか自分ではわからなくても、専門家に相談すればすぐわかりますので、諦めずに行動してみてください。

 

金利が20%以上の貸金業者は違法

 

キャッシング利用者は今や日本国内で10人に1人とも言われており、その利用者は実は多いのが現状です。法律の改正によって、かつては多くの利息を取っていた消費者金融もそのような営業はすっかりなくなりました。ですが、多くの人が知っている有名貸金業者ばかりではなく、もっと小さい規模でお金を貸す業者も存在しています。ヤミ金業者も後を絶たず、どこからも借りられなくなってしまった人がついつい駆け込みたくなるように誘いこんでは高金利で貸し付けて、厳しい取り立ても行っています。まして過払い金などの返還に応じるわけもなく、どれほど払い過ぎていても取り返すのは困難でしょう。そのような業者はもちろん違法ですし、一度関係を持ってしまえばどこまでも弱みに付け込んで来ます。安易に利用してしまうとまさに人生が変わってしまう恐れもありますので、違法業者は絶対に利用しないようにしましょう。

 

審査が甘いのも要注意

 

審査が甘いと聞けば自分も借りられるかもしれないとつい頼ってしまうかもしれません。しかし審査をきちんとするという事は、その人がちゃんと返済する能力があるのかどうかを見極めて、無理のない借金をするためには不可欠な作業なのです。そんな大切な審査をないがしろにする業者は、無理でも何でも貸したら返せという理屈なので、借りた人の生活がどうであろうと関係ありません。普通の貸金業者で審査に通らないのであれば、まずは借金をあきらめて、生活を立て直す事が先決です。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス