スピーディー且つ“しっかり”チェックもしていますよ。

即日キャッシングとは、利用申請をしたその日の内にキャッシングが始められる商品です。もちろん、キャッシング審査の工程もきちんと行われています。〈即日キャッシングだから、審査は甘めでしょ…〉と思われがちですが、そのようなことはありません。必要事項のチェックはしっかりと行われていますので、審査が早く済むからといって他のローン商品と比べて審査内容が甘めというわけではないのです。なぜ、即日キャッシングができるようになったのか?その要因のひとつは、審査の工程におけるスコアリングシステムの導入が挙げられると思います。

 

スコアリングシステムとは?

 

以前のキャッシング審査は、キャッシング会社のスタッフが申請者のデータを見て、〈融資をしても貸倒れはないか?〉とか〈いくらまでなら融資をしても大丈夫か?〉といった判断をしていました。現在は、その作業をスコアリングシステムを使って、コンピュータで行っています。スコアリングシステムとは、申請者の属性を客観的に数値化します。この場合の属性とは、例えば職業や年収、家族構成、持ち家などの財産の有無、過去のキャッシング履歴や態度などが挙げられます。その算出された数値から、融資判断を決定するというシステムです。このスコアリングシステムの導入によって、キャッシング審査が劇的にスピードアップしました。最短30分で審査完了というケースもあるくらいです。スコアリングシステムの導入で、曜日や時間を問わず、いつでも即日キャッシングができるようにもなりました。その一例が、大手キャッシング会社が全国に設置している自動契約機です。自動契約機の多くは夜9時と遅くまで、且つ土日・祝日も営業しています。自動契約機で利用申請から審査、ローンカードを受け取るまで必要なことは全てできます。ローンカードを受け取れば、その場ですぐにキャッシングが始められます。

 

勤務先の就業時間外でも在籍確認をする方法

 

キャッシング審査のひとつに、在籍確認というものがあります。利用希望者が、申請したとおりの勤務先で働いているかを確認する作業です。在籍確認は、実際にその勤務先に電話をかけて行うのが一般的です。〈勤務先の就業時間外に即日キャッシングの申請をしたのでは、即日キャッシングはできないのでは…〉と思われる方もいるかもしれません。キャッシング会社によって対応は異なるのですが、勤務先の就業時間外でも在籍確認をする方法は用意されています。例えば、社員証や社会保険証、直近の給与明細書を提示する方法です。要するに、申告した会社で働いていることをが証明できればOKということです。このような書面での在籍確認を希望する場合は、ちょっとした注意が必要です。キャッシング会社によっては書面による在籍確認を希望するという意思表示をしっかりしておかないと、自動的に電話での在籍確認を行う手順に進んでしまうからです。電話での在籍確認の手順に乗ってしまった場合、審査結果が出るのが翌日以降になってしまうこともあり得ます。

 

銀行カードローンでも即日キャッシング

 

即日キャッシングといえば、消費者金融系のカードローンの特長とも言える商品です。しかし最近の傾向として、銀行のカードローンでも即日キャッシングに対応している商品が出てきました。キャッシング会社の中には、銀行などの金融機関と提携している会社も増えています。それらの会社が銀行に即日キャッシングの知識を提供していて、銀行でも即日キャッシングが可能ということを実現させているようです。銀行のカードローンでも即日キャッシングができるようになりましたが、やはり“銀行の”カードローンです。低金利といった魅力もありますが、審査は銀行基準のままです。消費者金融系の審査より厳しめですから、その点は考慮に入れておくとよいと思います。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス