専業主婦でも銀行ならば借りられる

パート等の収入がない専業主婦の場合は、消費者金融のキャッシングを利用できません。消費者金融では貸金業法の中で総量規制というルールがあり、そもそも収入の無い人にはお金を貸す事ができない事になっています。収入の額がたとえ少なくても、毎月収入があるならば消費者金融でも申し込みができますが、そうでない専業主婦の場合は銀行のカードローンなら利用する事が可能な場合があります。

 

銀行は総量規制の対象外ですから、収入があるかどうかは直接関係がありません、ただし、返済をするにはやはり経済力がなければなりません。この場合配偶者に安定収入があれば、専業主婦でもカードローンを契約できるのです。そうなると、自分の収入からの返済ではないので、配偶者の同意が必要になるのではという事になるかもしれません。確かに銀行によっては配偶者の同意を得る事が条件のところもあります。どのような用途でキャッシングの必要があるのかは人それぞれですが、可能であれば配偶者には相談した方がいいかもしれません。

 

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、イオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行等、配偶者の同意なしでも一定の限度額までならキャッシングが利用できる銀行も多くあります。この場合、専業主婦の方の本人確認さえできれば融資が可能で、配偶者に関する審査はありますが勤務先への在籍確認等も行われません。ただし限度額は最低限度に留まる事が多く、金利も一番高くなってしまうのが普通です。

 

配偶者には知られないようにしたい

夫婦は一緒に生活していますので、様々なものを共有しています。例えば通帳をひとつにまとめて管理している場合、通帳の管理をしているのが自分ではなくて配偶者の場合は、銀行振り込みを利用すると、入出金の履歴も全て記録に残りますので、このお金はどうしたのかという事になってしまいます。もしも口座にキャッシングの痕跡を残したくないのであれば、振り込みの利用は避けた方が賢明でしょう。また契約後に郵送物があるとすれば、利用明細書があります。利用明細書が自宅に届くのを避けたい場合は、WEB明細で確認するという形で申し込めばインターネットで明細をチェックする事ができます。

 

キャッシングの際利用する専用のカードの受け取り方法は、郵送か店舗の2つがあります。この場合も郵送での受け取りをしたくないのであれば、店舗で受け取るようにすれば安心でしょう。銀行カードローンでも、消費者金融などと同じように自動契約機を銀行内に設置している場合がありますので、そちらでも簡単に受け取りができます。配偶者に言わずにキャッシングを利用したい専業主婦も、キャッシングは利用できます。銀行の多くが様々なサービスを提供していますが、対応はまちまちですから各社比較して自分の条件に合った銀行を選ぶようにしましょう。

 

借金が配偶者に知られる時

借り入れまでを配偶者に知られずに行う事はできますが、その後の利用の仕方によっては当然配偶者も無関係では済まされません。返済が滞れば自宅に連絡が来る事になりますし、あまりにも滞納が続くようであれば、配偶者に借金の存在が知れてしまう事になりますし、返済も配偶者の力を借りなければそもそも出来ません。そのような事になってしまうと、夫婦間の関係にも大きなヒビになりかねません。家計に無理のない借り入れをするようにして、計画的に返済をしていくようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス